0120-073-250 営業時間 9:30~18:30 メールでのお問い合わせはこちら

さいたま・大宮エリアの不動産売買・住宅ローン相談・任意売却・競売・不動産コンサル相談

トップページ > 競売入札サポート

競売入札サポート

競売のメリット
1.市場価格より安く物件を購入できます。

市場価格と比べ、おおよその目安になりますが3割から5割程度安く取得できる可能性があります。 また、物件によっては更に安い場合もあります。

よって、競売で取得した物件を転売し、利益を得る収益物件にもなりますし、 賃貸物件として家賃収入を得られるようにするなど、さまざまな資産活用が可能です。

2.思わぬ良質物件に出会える可能性があります。

物件によっては低価格で取得でき、ニーズの高い人気物件に再生できるので高利回になる良質物件に出会える可能性があります。

3.複雑な権利関係も安心

非常に面倒な所有権の移転登記や抵当権等の複雑な権利関係が存在しても、 裁判所が窓口となって行う取引なので安心です。抹消登記が確実に行われます。

契約違反など取引相手に対する心配は不要です。

競売不動産のメリット・デメリット
競売物件の入札から取得までの流れ

STEP01

まずは物件探し

地方裁判所や当社サイトの物件情報(http://981.jp/agent0_honami.html)などから ご希望の物件をお探し下さい

管轄の地方裁判所の閲覧室にある3点セット(物件明細書・評価書・現況調査報告書)と呼ばれる資料が当社の物件情報からもご確認いただけます。

STEP02

現地調査

希望の物件の現地調査を行います。

STEP03

保証金の納付

希望物件に対し、売却基準価格の20%を保証金として裁判所へ納めます。

STEP04

入札

入札期間に入札を行います。

入札時に確認するポイント

  • ・事件番号の記載(間違い)
  • ・入札価格の記載(間違い)
  • ・買受申出保証額の振込(前日までに)
  • ・住宅ローン(融資)の承認・自己資金の確保

万が一、上記記載・記入ミスで落札した場合でも保証金は没収となりますので注意が必要です。

STEP05

開札

裁判所で開札が行われます。
開札期日に入札参加者の立会いのもとで、執行官が各入札参加者の入札書類を開封し、最高価買受申出人を決定します。

落札後のポイント

  • ・落札した場合はなるべく早く占有者に挨拶(接触)する
  • ・建物の瑕疵の発見。占有者解除の行動。※動産物放棄書の取得等
  • ・立退かない場合⇒引渡命令申請⇒強制執行の手続き
    予納金6~7万円 その他費用等、合計約50~60万円
  • ・強制執行当日までに準備すること⇒鍵屋・作業員・倉庫手配・執行官立会費用

費用は全て買受人が立替える(実際には負担する)形になります。

STEP06

代金納付と所有権移転

落札価格から収めてある保証金を差し引いた金額を納める期間が記載された通知が届きます。
残りの金額を金融機関に納付し、裁判所で手続きをする形になります。
所有権は裁判所書記官の権限で移転するので、司法書士手数料がかからないのが特徴です。

STEP07

占有者がいる場合の引渡交渉

占有者がいる場合の立ち退き交渉は、このタイミングで行います。
経験豊富な当社スタッフが迅速かつ的確な対応を致します。

当社の「競売入札サポート」は、物件の現地調査からはじまり、物件に関する詳細な情報提供、落札価格のご提案から交渉の代行、入札手続きから明渡しに至るまで一貫したサポートをさせて頂いております。

現在入札可能な競売物件も検索できます。
詳細は下記を御覧ください。

競売物件検索

穂波エステートは、不動産競売流通市場の健全な発展を通じ、 豊かな住環境づくりを目指されている皆様の活動を支援する団体である 一般社団法人不動産競売流通協会(FKR)に加盟しております。
(正会員)

友だち追加
このページの先頭に戻る

24時間対応可能 TEL:0120-073-250

メールでのお問合せ